スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念品のエコバッグです

たまわーるラリー2011の記念品は2つあります。
一つは、先日お見せした「ミュージアム・ダイアリー」。
あれは、シールを10枚以上貼られた方を対象にしたものです。

今日お見せするのは、エコバッグ。
こちらはシール5枚以上貼られた方にも差し上げる記念品です。

エコバッグにどのようなものを求めますか?
素材?
サイズ?
デザイン?
たまわーるラリー2011のオリジナルエコバッグの特徴は、
「丈夫でシンプル、手頃な大きさ」でしょうか。
エコバッグ1 エコバッグ

色は生成。
お馴染みの輪っかから、これまたお馴染みのネコが手を広げ、肉球を見せてます。
その下は、やはりお馴染みの「たまわーる」のロゴ。
裏は無地です。
ネコマークを見せるのが気恥ずかしくても、表を隠せばお仕事にも使えます(?)。

素材はキャンバス風ポリエステル。
とても丈夫で、袋詰めのじゃがいもを入れても安心。

サイズはA4の書類が入ります。
マチが約10cmもあるので、図書館に持って行くのもいいかもしれません。
筆者はエコバッグを多数持っているのですが、
このサイズのエコバッグがないことに気づきました。

抽選に当たった方、是非このエコバッグを持ってミュージアムにお出かけ下さい。
館内でネコマークのバッグを持った人をお見かけしたら、
それは、たまわーるラリーの同士ですね。


スポンサーサイト

記念品「ミュージアム・ダイアリー」をお見せします

本日は「たまわーるラリー2011」の最終日です。
応募ハガキの締め切り日は、12月5日。
その後、いよいよ記念品の抽選に入ります。

「ミュージアム・ダイアリー」は、5色のシールを10枚以上貼った方のみに差し上げる、
「たまわーるラリー」オリジナルの記念品です。
サイズはA5、バッグに入れても邪魔になりません。
では、ダイアリーをご覧いれましょう。

まず表紙。
ダイアリー表紙
参加館13館のイラストが描かれています。
まわった館が懐かしく思い出されることでしょう。

表紙をめくると、各館の利用案内。
ダイアリー利用案内
このダイアリーを持って、お気に入りの館を再訪しましょう!

さて中身は?
ダイアリー中身
訪れた日のお天気や滞在時間を記入する欄もあります。
ノートは、チケットを貼ったり、
気に入った作品をスケッチしたり、
ショップでのお買い物やカフェでのメニューをメモしたり・・・
館内で使う場合は、鉛筆でね!

最終ページは・・・
ダイアリー最終頁
持ち主のプロフィール欄の下には、額縁が・・・
心に残った作品をスケッチしてもよし、
ショップで買った絵はがきを貼ってもよし・・・
タイトルも忘れずに。

さあ、来年のミュージアム巡りはこれを持って記録を残しましょう!

大阪の人も、多摩の人も全館制覇!

たまわーるラリ、昨年は群馬県から参加された方がいて驚いたものです。
今年はなんと大阪から、しかもシール13枚!
ハガキを送ってくださったSさん、
ご住所が東京都なので、お仕事の都合で短期滞在されているのでしょうか。

「周辺の美術施設の位置・交通手段が分かりやすく掲載されており、使いやすかったです。」
というご感想をいただき、ラリー事務局も一安心。
13館まわって、多摩地域のミュージアムだけでなく、
鉄道路線や地理にも詳しくなったのでは?

本日届いたハガキは、「息子といっしょに自転車でまわりました」というYさん、多摩地域の方です。
息子さんは7歳、今日現在で最年少の応募者です。
やはり、親子揃って全館制覇されました。
前回はウォーキングで制覇された方を紹介しましたが、自転車もいいですね。

来週でいよいよラリーもおしまいです。
ラリーに参加された方は、次のチャンス、福袋を目指して「WEB美術館」にも投票してくださいね!

★WEB美術館はこちらをどうぞ



52km歩いて、全館制覇!

鎌倉市ご在住のHさんから届いた「たまわーるラリー2011」の応募ハガキ、
13枚のシールが貼られたハガキの裏に記されていたご感想を紹介させていただきます。

『健康の為に始めたウォーキング。
処暑とはいえ、炎天下を木立に隠れ、玉川上水沿いを羽村堰からフラフラと。
途中立ち寄る平櫛田中美術館の冷気の心地よさ。購入せし気楽坊なるストラップ。
フト手に取りし「たまわーる」パンフレット。
4回に分けて巡り、歩いた距離は52km。御陰さまで健康をも“たまわーる”。』

お暑い中遠い所からご参加いただき、ありがとうございました。
リズム感ある文章から、ウォーキングとミュージアム巡りを楽しまれたことがうかがえます。
いろいろと想像してしまいました。

府中郷土の森、芹が谷公園(町田)、はけの森(小金井)、御嶽渓谷(青梅)の木々も、
いっとき暑さを忘れさせてくれたことでしょう。
他のミュージアム・ショップでも、お気に入りのグッズに出会えたでしょうか。

52kmも歩かれたとは・・・?
電車に乗らず、歩いた区間があったのかな?、
ひょっとして、町田市立国際版画美術館-町田市立博物館間を歩かれたのかしらん?
4回に分けてまわられたそうですが、そのルートも気になります。

木の葉色づく多摩地域。
Hさんのように、たまわーるラリーに参加して、
晩秋の風情とアートの美を味わいながら、健康づくりに励みませんか。

ワークショップに参加してシールもゲット! ~小金井市立はけの森美術館

改装工事のため、はけの森美術館はただ今閉館中。
でも11月6日に、特別に一日だけ開館します。
この日、「はけのワークショップ市」が開催されるのです。
(下はチラシの一部です)
はけの森朝市

小金井では、毎月第一日曜日に「はけのおいしい朝市」が開かれます。
“多くの人に、はけを訪れてほしい”という想いがこめられたイベントです。
その「はけのおいしい朝市」のメンバーを講師に、はけの森美術館がワークショップの市場をひらくのです。

・開催日時:11月6日(日) 12:00~16:00
・対象:どなたでも(ただし小学校4年生以下は保護者同伴)
・参加費:無料
・定員:各ワークショップごとに当日先着順(材料がなくなり次第終了)

ストラップや来年のカレンダーをつくったり、カメラを使わず日光だけで影を撮ったり、
5種類の講座が用意され、自由に選んで参加できます。
ただ見るだけでもいいし、待ちながらお絵かきしたり・・・

当日たまわーるラリーのシールも配布されます。
同館のシールをもらいそこねた方、一日限りのチャンスですよ。

朝市では9時からおいしいものをいっぱい用意しているようです。
ここで腹ごしらえして、お昼のワークショップに Let's Go!

★ワークショップ市の詳細は、こちらをどうぞ
★はけのおいしい朝市は、こちらです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。