スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青梅市立美術館から紅葉便り

関東地方は、今まさに紅葉の季節。
多摩地区の美術館では、渓谷を彩る紅葉風景を楽しめる館があります。
それは青梅市の青梅市立美術館・青梅市立小島善太郎美術館と、玉堂美術館
両館ともに駅から歩いて数分。
アクセスが良い上、自然美を満喫できる恵まれた環境にあります。

青梅市立美術館・青梅市立小島善太郎美術館、K学芸員からのお知らせです。

青梅市立美術館・紅葉

画面中央を流れるのは多摩川、架かっているのは「鮎美橋」といいます。
川沿いは「釜の淵公園」という公園になっていて、青梅市立郷土博物館や旧宮崎家住宅などがあります。

この写真は美術館のバルコニーから撮ったものです。
他に展望ロビーや喫茶室からも見えるので、美術作品を鑑賞し、またお茶でも飲みながら景色をゆっくりと眺められます。

小島善太郎が描いた奥多摩の美しい秋、
作品とともにその実景もご覧に、ぜひお越しください。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。