スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小平市平櫛田中彫刻美術館の冬季展示

小平市平櫛田中彫刻美術館で開催中の冬季展示を紹介します。

同館は、平櫛田中の作品だけでなく彼が収集した美術作品も収蔵しています。
本展はそんなコレクションの中から、早世の天才彫刻家・中原悌二郎の代表作「墓守老人」などを展示しています。

中原悌二郎《墓守老人》

洋画を学んだ中原は、ロダンや荻原守衛の影響を受け、彫刻に転向しました。
ロダンから多くを学びながら、ロダンより一歩進んだ作風を示しました。
結核により32歳で死去したため作品の制作数が少ない上、気に入らない作品は自ら壊してしまったため、現存する作品が極めて少ない作家です。
貴重な作品が見られる、またとない機会ですよ。
開催は、12月26日(日)までです。

そうそう、中庭の風景もお見せしましょう。いい雰囲気ですね。

美術館中庭
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。