スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三鷹市美術ギャラリーで「三鷹ゆかりの文学者たち」展スタート

11月20日より、三鷹市美術ギャラリーで「三鷹ゆかりの文学者たち」展が始まりました。
この展覧会は、三鷹市市制施行60周年記念事業の一環として催されています。

太宰治をはじめ、山本有三、武者小路実篤、詩人の三木露風など近代の文学者たちが三鷹で暮らし、ここから多くの作品が生まれました。
本展は、辻井喬、瀬戸内寂聴、大岡信など、三鷹ゆかりの現代の文学者たちに焦点を当てています。

★展覧会情報

展覧会を見た後は、文学散歩に出かけませんか?
お薦めは三鷹市美術ギャラリーから徒歩10分余り、三鷹市山本有三記念館です。
玉川上水のほとりに建つクラシックな洋館は山本有三邸だったもので、三鷹市の文化財にも指定されています。
有三記念公園が隣接しており、庭園鑑賞も楽しめます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。