FC2ブログ

八王子市夢美術館「ゲゲゲの展覧会」

今年は、漫画家・水木しげるさんご夫妻に注目が集まりました。
ご夫人の自伝による「ゲゲゲの女房」がNHKでドラマ化され、視聴率も上々でした。
目下映画も上映中で、こちらは劇作家・宮藤官九郎さんが水木さんに扮しています。
その年の世相をテーマにした変わりびなにも、「ゲゲゲの女房人気雛」が登場。

人気者はミュージアムにも出没します!
八王子市夢美術館で、11月26日より「ゲゲゲの展覧会」が開催中です。
代表作の鬼太郎をはじめとしたキャラクターのほか、全国の妖怪を描いたシリーズや、漫画作品を通して水木ワールドを紹介しています。

注目したいのは、昭和40年代、1970年前後の漫画史をテーマに据えていることです。
この時期、漫画家の発表の場が貸本漫画から漫画雑誌に移りました。
伝説の漫画雑誌『ガロ』が登場したのは昭和39年、この時期のことです。
水木さんもここで雑誌デビューを果たし、『鬼太郎夜話』などを発表しました。
同展では、今日の漫画文化に大きな影響を与えた『ガロ』に焦点を当てたコーナーを設けています。

水木ファンだけでなく、日本漫画史に関心のある方にとっても、必見の展覧会と言えそうです。

★展覧会情報は、こちらをどうぞ 
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント