FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまわーるラリー 福袋のグッズ紹介 ~その2

今回紹介するグッズは、玉堂美術館の風呂敷です。

日本画壇の巨匠・川合玉堂は俳人でもあり、歌も詠みました。
そして、書も達筆でした。

★玉堂・画賛風呂敷 縮小


梅の絵と句がデザインされた素敵な風呂敷を前に、頭をひねりました。
むむむ、全部読めない・・・ 何が書かれているのやら・・・?

 まゝごとの たんぽゝちらばり 土暮るゝ    偶庵(川合玉堂)

風呂敷はコンパクトな上、書類も瓶も、そしてスイカだって自由自在に包める便利な道具。
この玉堂画伯の風呂敷を見ているうちに、知人の外国人夫妻の顔が浮かびました。
クリスマスプレゼントは決まり、日本酒をこの風呂敷に包んで贈ろう!
日本酒は、玉堂美術館のお隣にある、レストラン「いもうとや」の売店で購入しました。
澤乃井酒蔵の日本酒の中から、寒中に搾った純米酒を酒蔵でじっくり貯蔵・熟成させたという「ひやおろし」を選びました。
小粋な風呂敷+日本酒+包む文化、の3点セット、日本(&日本酒)愛好家である彼らのお気に召すことでしょう。
おっと、瓶の包み方を勉強しなくては・・・

御岳渓谷沿いに建つ玉堂美術館、これから紅葉シーズンを迎え、訪れるのに最高の季節になります。
晩秋の一日、ゆっくり過ごし、目の保養をしてください。

※玉堂美術館は改装工事のため、2011年より閉館いたします。
12月14日(火)より、隣りのレストラン「いもうとや」、同館から車で約5分の「櫛かんざし美術館」(入館料600円)にて、小規模の玉堂展を開催いたします。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。