スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまわーるラリー 福袋のグッズ紹介 ~その9

たまわーるラリーの福袋は、中身だけでなく袋にもこだわります。

町田市立版画・袋オレンジ

町田市立国際版画美術館のオリジナルグッズです。
モチーフは、17世紀末にアムステルダムで刊行されたヤン・ルイケン、カスパール・ルイケン父子の銅版画集『職業図鑑』より引用した「活版印刷」。
工房で制作する職人たちの姿や道具がデザインされています。
版画を専門とする美術館らしい選択ですね。
下は、さりげなく英語の館名が。
美術館らしい、上品で落ち着いたデザインです。
色は、他にブルー基調のものがあります。

デザインだけでなく、実用的なのも自慢です。
A4サイズの書類がすっぽり入るサイズ、コーティングされているので丈夫です。
学芸員のTさんも出張などに愛用されているとか。

こんな凝った紙袋、欧米の美術館でも見たことがないような気がします。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。