FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「『夜』をテーマに」展 ~青梅市立美術館

昨晩は中秋の名月でした。
雲も少なく、夜空を煌々と照らすまん丸い月を眺めることができました。

もうすぐお彼岸、日に日に夜が長くなっています。
こんな季節に味わいたい展覧会が、今青梅市立美術館で開催されています。
同館のコレクションの中から、「夜」を描いた美術作品を集め、月・星・灯の3章で構成しています。

青梅・月涼  青梅・星の門

左の日本画は、小茂田青樹(おもだ せいじゅ)の「月涼」。
右は銅版画で、深沢幸雄「星の門」。
表現技法は異なれども、どちらも詩情たっぷり、夜の静謐さが感じられます。

「月涼」など、受付近くで絵葉書も買えますよ。
長い夜に一筆したためて、月や星のお便りを届けるのも秋ならではの楽しみですね。

★展覧会の詳細は、ここをクリック
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。