スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パルテノン多摩での半日

先日、パルテノン多摩で多摩ミュージアム・ネットワーク構想研究会の研究会を開催いたしました。

研究会が終わって、2階にある歴史ミュージアムを見学しました。

パルテノン・歴史ミュージアム

現在、「多摩の橋立」という企画展が開催されています。
多摩ニュータウンには、様々な橋があります。
アップダウンが激しい地形を克服するために建設された橋、
昭和40年代に増加した交通事故への対応策として生まれた横断歩道橋などです。
様々な橋を通して、街の特徴がつかめることでしょう。

続けて、4階のマジックサウンドルームへ。

マジックサウンドルーム

立派な家具のようですが、これらは皆オルゴールです。
19世紀中頃から20世紀初頭、欧米で作られた自動演奏楽器で、とても貴重なコレクションです。
ガイドさんの説明後、演奏を楽しませていただきました。
ガイドさんのそばのピアノは、作曲家ラフマニノフ自身による演奏を聞かせてくれました。
演奏者がいないのに動く鍵盤は、なかなかシュールです。
演奏後も私達は興味津々、楽器の中や裏にある太鼓、シンバル、大きな重りを覗いてはびっくりしたり・・・

5階に上がると、こんな風景が広がってました。

パルテノン多摩

池の脇をセキレイがちょこちょこ散歩してました。
真夏はきっと子どもたちが歓声を上げて遊び回るのでしょう。

多摩センター通りの街路樹がイルミネーションで彩られる、これからのシーズン。
お休みの日、一日ゆっくりと多摩センターに遊びに行きませんか?

★パルテノン多摩の催しはこちらをどうぞ




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。